高松のテレクラってどう?

スマートフォンの普及に伴い、最近では出会い系サイトがアプリ化されることが多くなってきました。それでは、テレクラはどうなのでしょう。テレクラアプリというものは存在するのでしょうか?

答えはノーです。
テレクラは、もともと専用の回線さえあれば成り立つサービスですよね。「テレクラやってます」と書いてそこに電話番号を添えておくだけで、テレクラは営業可能なのです。それをわざわざアプリケーションにする必要はありません。なぜなら、そんな無駄なところに金をかけて、料金の引き上げを図ったりすれば、もともと少ない利用者がさらに少なくなってしまうからです。よってテレクラアプリというものは存在しません。

しかし、テレクラそれ自体を提供するアプリではなく、テレクラをより安く賢く使うためのアプリケーションは無数に存在します。たとえば050plusといったアプリです。これはアプリ間での通話が無料になるというサービスで、これを用いればテレクラを利用したときに「通話料を節約できる」のです。テレクラサイトには、050plusのダウンロードを推奨しているところもあります。このアプリを使えば、テレクラの使用料金を支払うだけでよくなるのです。

また、そういったものの他にも、それ自体がテレクラと似たシステムのアプリケーションも存在します。たとえば「斉藤さん」など、全国の知らない人に電話が繋がって、無料で話すことができるといったアプリがあります。むろん男性に繋がる可能性もありますが、女性と話せることも多く、そこから出会いに発展したという話もよく聞きます。こういったものも、見方によってはテレクラアプリということができるでしょう。

現在のテレクラは、ほとんどテレフォンセックスをするためにあるといっても間違いはないでしょう。出会いを求める人は出会い系サイトを使いますからね。出会いに若干期待しつつ、テレフォンセックスを楽しむというのが正しい使い方です。

しかし、もしあなたが出会いを探すことに比重を置くのなら、テレクラ業者が提供しているテレクラではなく、無料で使えるテレクラアプリを利用したほうが効率はいいですし、安上がりです。テレクラを使う意味はあまりないといえます。

他者との通信を主なサービスとするアプリケーションは、そのすべてが、テレクラの代わりに使えると考えてよいでしょう。無料で異性を探すことができますし、テレフォンセックスの相手を探すことだって可能です。これでわざわざ有料のテレクラを使う意味はないですよね。テレフォンセックスも楽しみたいけれど、出会いを探すことをメインにしたい。そういうときは、テレクラではなく、テレクラとして使えるアプリを用いて、相手を探していきましょう。

テレクラで出会いを探すときのいくつかの問題点

テレクラで出会いを探すのは難しい。それでも、絶対に出会えないというわけではありません。あなたが、金銭的余裕のある方で、テレフォンセックスが好きで、出会うことばかりが目的ではないというのなら、テレクラを使って女性を探すのもありでしょう。

テレクラには、出会いを探すのが難しいといわれるその理由が、いくつかあります。たとえばひとつめに、プロフィール情報や、掲示板がないことです。出会い系サイトで出会いを探すときには、プロフィール検索から好みの人を探したり、掲示板に書き込みをしている「今、出会いを求めている人」だけに絞って連絡をすることができます。

テレクラにはそれがありませんから、今話をしている女性が好みであるとは限りませんし、出会いを探しているとも限らないのです。また、プロフィールを見れば、その人がどんなものを愛していて、どんな関係を求めていて、どこの地域に住んでいるのかが一目瞭然なので、その女性ひとりひとりに合わせた戦略を立てることが可能です。自分の住んでいるところから近いところにいる人に連絡をするだとか、恋人目当ての女性には、恋人を探している男として、セフレを探している女性には、セフレを探している男として近づくとか、色々な戦法を採ることができます。

でもテレクラにはそんなものはありませんし、電話番号は基本的に都道府県別になっているだけで、その女性がどの地域に住んでいるのか詳細はわかりませんから、たとえば北海道などの広い土地であれば、電話で意気投合しても会うのは現実的でないといった問題が起こってしまうのです。

次に、テレクラに電話をかけたとき、それに出る女性らの問題です。そこで話す女性の大半はオペレーターであることを、みなさんはご存知でしょうか。女性は、見た目にそんなに問題がなければ、周りの男をちょっと誘惑するだけでいくらでもセックスできます。男はそういう誘惑に弱い生き物で、いつも女性に頭を下げてセックスさせてもらっているからです。それと同じで、女性はテレフォンセックスがしたければ、テレクラなんて面倒なものを使わなくても、相手を見つけることはできるのです。ネット掲示板などで募集をかければ、何十という男性が立候補するでしょう。

テレクラはもともと、出会い探しにおいては出会い系サイトに完全に劣っていますから、今はテレセを主なサービスとしています。しかし女性が集まらなければ、テレフォンセックスが男女間で行われるものである以上、サービスとしては到底成り立ちません。そうすると収入源である男性も減ってしまいますから、それを繋ぎ止めて、利益を確保、維持するために、オペレーターを雇うのです。今のテレクラは、これなしではやっていけません。

テレクラでのテレフォンセックスの始め方、進め方

テレクラでは、テレフォンセックスを楽しむことができます。テレフォンセックスをしながら、すこし出会いにも期待しておくというのが、テレクラの正しい使い方なのです。しかし、テレフォンセックス、声でするエッチとは、いったいどのようにして始め、どのように進めればよいのでしょうか。プレイが滞ると、自分も、向こうも冷めてしまいます。事前に、少しくらいはその順序や始め方を覚えておいたほうがよいでしょう。

テレクラに電話をかけると、その時間ログインしている女性に、あるいは会社に雇われたオペレーターに繋がります。今やテレクラの利用人口はひどく少ないので、オペレーターでも雇って男性と話をさせないと、収入源である男性までもがいなくなり、経営が立ち行かなくなります。それを考えれば、オペレーターが男性の話相手をし、テレフォンセックスの相手をするというのも仕方がないのかもしれません。

さて、女性に繋がったら、まずは世間話をします。風俗でも、大抵はプレイの前に軽い雑談がなされるものです。それと同じで、人と人との付き合いだからという、儀礼的な前置きはここでも必要になるのです。
世間話をして、その女性が楽しそうにしていれば、テレフォンセックスを開始します。楽しくなさそうなら、諦めて他の人と電話をしましょう。

テレフォンセックスを開始するときは、なんでもいいので、それに繋がる糸口を探してください。たとえば、「どうしてテレクラ使ってるの?」と訊くのもひとつの手です。向こうがちょっと口ごもるようなら、思い切って「あー、エッチなこと目当てなんでしょー」と茶化してみましょう。案外これだけでもうまくいくものです。

そういうことが言い出せないというのなら、酔っ払っているふりをするとか、実際に酒を飲んで酔っ払ってしまうとか、そういうやり方が有効です。お酒を飲めば誰しも少しはエッチな気分になるものですよね。相手もそれを知っているので、多少のセクハラは寛容に受け止めてくれます。

「なんか暑くない?」と始めて、服を脱がせてもいいですし、いけると思ったら下着の色を訊いても構いません。とにかく恥ずかしがらないこと、それくらい訊いて普通でしょといった態度で接すること、これが肝心です。

特に酔っ払っているという設定の場合、恥ずかしがるそぶりを見せれば、本当に酔っているんだろうか?と疑われてしまいます。そういう中途半端なことをする人、というか、酔ったふりをしてまでエッチなことをしようとする男性には、女性はあまり良い印象を抱きません。自分が本当に酔っ払ったと思って、エッチなお願いをしてみましょう。